研修・セミナー


東 京 開 催 !

2021年実務セミナー


経営事項審査改正に対応!

 
     『① 経営事項審査のポイントと令和3年度改正の内容』

  
  公共工事の入札に参加しようとする建設企業は、経営事項審査を受けなければなりません。経営事項審査においては、企業の規模、経営状況、技術力などが総合的に審査され、企業に対して1点きざみの点数が付されています。
  本セミナーでは、経営事項審査を構成するすべての審査項目ならびに点数算定方法について解説いたします。
  また、本年4月に改正された内容についても詳細に説明していきます。        
      

2021年4月の改正事項】

 ①技術職員数(Z)の改正

 ②労働福祉の状況(W)の改正

 ③建設業の経理の状況(W)の改正

 ④知識及び技術又は技能の向上に関する建設工事に従事する者
の取組の状況(W10)の新設







      『② 会計基準の改正と経営状況分析比較
 

  本セミナーでは、本年4月から適用されている「収益認識に関する会計基準」や、今後改訂が予定されている「リース会計基準」が建設業界に与える影響を解説します。
 また、経営状況分析の活用についてもふれていきます。     

  

 経営事項審査
改正等に関して2つのセミナーをご用意しました。この機会に是非お申し込みください。
 




【日程・会場等】






日 時
 


会 場


【日時】

① 経営事項審査のポイントと令和3年度改正の内容


  2021年6月14日(月)10時~12時


  2021年6月28日(月)10時~12時


  2021年7月  9日(金)13時30分~15時30分




② 会計基準の改正と経営状況分析比較 

    2021年6月14日(月)13時30分~15時30分


  2021年6月28日(月)13時30分~15時30分


    2021年7月  2日(金)10時~12時




【会場】


 虎ノ門4丁目MTビル2号館     
東京都港区虎ノ門4-2-12



講 師



 ① 一般財団法人建設産業経理研究機構 特任研究員   土 井  直 樹
 
   ② 一般財団法人建設産業経理研究機構 常任参与    尼 崎  清 剛



受講料



 ¥10,000
(税込)

  ※登録建設業経理士の方は建設業振興基金からの助成により、半額の5,000円(税込)で受講できます。








建設業会計研修(初級編)・建設業会計(中級編)コースを創設しました!

体系的に質の高い建設業会計を習得できます。



当財団では建設業界のビジネスパーソンに向けて新しい研修会を企画しました。
質の高い建設業会計を体系的に習得できるよう「初級編」、「中級編」の2つのコースをご用意しました。


◎ 建設業会計(初級編)

※これから建設業会計を学ぶ方や34建設業経理事務士検定試験を目指している方を対象として建設業会計の基礎、

試算表及び精算表、決算の意味と手続きなどについて解説します。

 


日 時

会 場


 
 2021年8月2日(月)10時~12時


   虎ノ門4丁目MTビル2号館     東京都港区虎ノ門4-2-12




講 師



 
一般財団法人建設産業経理研究機構 統括業務主幹    下 田  弘 幸



受講料



  11,000(テキスト・税込)





◎ 建設業会計(中級編)

※建設業経理士検定試験2級合格を目指している方を対象として工事原価の基本的概念、株式会社の会計などについて解説します。

   

     
  
    日 時


   会 場 

 
 【日時】


 ① 2021年7月12日(月)~13日(火)9時30分~17時30分


 ② 2021年7月17日(土)~18日(日)9時30分~17時30分


 ③ 2021年7月24日(土)~25日(日)9時30分~17時30分

 
 
 【会場】

 虎ノ門4丁目MTビル2号館     東京都港区虎ノ門4-2-12 
 

     

 
     講  師

 

  ① 一般財団法人建設産業経理研究機構 常任参与       尼 崎  清 剛


  ② 一般財団法人建設産業経理研究機構   統括業務主幹   下 田  弘 幸


  ③ 一般財団法人建設産業経理研究機構 常任参与       尼 崎  清 剛

 

      
 
     受 講 料

 

 ¥38,000(テキスト・税込)



 各会場とも定員に達した時点で締め切ります。
 新型コロナウイルス感染予防のため、講習当日は当財団職員による検温の実施、マスク着用のご協力をお願いいたします。